ローヤルゼリーのデメリット

 

 

ローヤルゼリーのデメリットについて

ローヤルゼリーを摂取して健康や美容を促したいというのであれば、新鮮な栄養素が含まれている製品を購入することに限ります。

 

普段の食生活では補給できないような栄養素でも、簡単に体内に取り入れられるのがローヤルゼリーのメリットですが、デメリットも存在するということを頭に入れておかなければなりません。

 

このページでは、ローヤルゼリーの種類別によるデメリットについて詳しくご説明しているので、製品選びの参考になるはずです。


生ローヤルゼリーのデメリット

最も新鮮な栄養素が含まれているのが生ローヤルゼリーの大きな特徴で、基本的にペースト状の製品となっております。

 

鮮度が高いので、それだけ豊富な栄養素を補給できるのですが、採取してからそのまま容器に入れているため、保存期間が短く料金も高いというデメリットがあるのです。

 

いくらローヤルゼリーが効果的な健康食品だと言っても、短期間による摂取で身体に変化が生じるというわけではなく、長期的な目線で考えていかなければならないでしょう。

 

それに、生ローヤルゼリーは酸味や苦みがあり、飲みにくいと感じる方はいらっしゃるはずなので、サプリメントやドリンクといった製品を摂取するのがおすすめとなっております。

 

もちろん、不味くても栄養素を重視したいというのであれば、生ローヤルゼリーが一番ですし、冷蔵庫でしっかりと保存しておけば、品質の低下を招くことは絶対にないはずです。


乾燥ローヤルゼリーのデメリット

生ローヤルゼリーの水分を飛ばし、乾かして粉末状にした製品が乾燥ローヤルゼリーで、通販で販売されていることが多くなっております。

 

粉末状なので自分の好きな飲み物に溶かして摂取できるのですが、鮮度が生ローヤルゼリーと比べて落ちるので、効果が得られにくいというデメリットがあるのです。

 

それに、製造する際に熱を加えていることが多く、加熱によって栄養成分が失われるという可能性も十分にあります。

 

とは言え、飲みやすいというメリットがありますし、酸味や苦みは特にないので、長期的に見て最も続けやすいタイプの製品かもしれません。


調整ローヤルゼリーのデメリット

生ローヤルゼリーなどに添加物を加えた製品を調整ローヤルゼリーと呼んでおり、これも上記の製品と同じように通販で色々なメーカーから販売されております。

 

100%のローヤルゼリーではないため、栄養素が少ないというデメリットがあるものの、コエンザイムQ10や卵殻カルシウムといった副材料が含まれているのです。

 

「美肌を手に入れたい」「腸内環境を良くしたい」など、個人の目的に合わせて製品の種類を変えられるところが、大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。

 

ただし、ローヤルゼリーの中にしか配合されていないデセン酸と呼ばれる栄養成分の含有量が少ないので、そこまで大きな効果が得られないかもしれません。

 

 

 

以上のように、どのタイプの製品にもデメリットは存在するので、どの製品が一番自分に合っているのか、事前に把握してから選ぶべきです。

 

また、ローヤルゼリーの種類に関わらず全体的に言えることですが、他の健康食品と比べて高額な費用を支払わなければならないというデメリットもあります。

 

@製品によっては1ヶ月分で10,000円近くの料金がかかる

A健康補助食品なので直ぐには身体や肌に変化が出ない

B目に見える変化がないからこそ長く飲み続けられない

 

上記のように直ぐに挫折するケースは意外と多く、まずはコスパの良い製品で比較して始めるのが良いでしょう。

 

このサイトでご紹介している「アサヒローヤルゼリーSAI48」は、乾燥タイプの製品となっており、サプリメントとドリンクの2種類から選ぶことができます。

 

生ローヤルゼリーのように飲みにくい製品ではないので、男性の方も女性の方も美容や健康のために、一度摂取してみてください。

 

 

>>> アサヒローヤルゼリーSAI48の詳細はこちら

 

 

 

 

 

 


「ローヤルゼリーのデメリット」に関するページ