ローヤルゼリーとアセチルコリン

 

 

ローヤルゼリーとアセチルコリンについて

ローヤルゼリーの中には、ビタミン類の一種であるアセチルコリンと呼ばれる成分が含まれており、この成分は自律神経と深い関係性があります。

 

体温調節のための発汗や呼吸など、私たち人間が生きていくために欠かせない行動を管理しているのが自律神経で、その副交感神経に関与しているのがアセチルコリンというわけです。

 

実際に、アセチルコリンは認知症や自律神経失調症といった精神的な病気の治療薬にも使われており、中高年の女性が悩まされることの多い更年期障害の症状の緩和にも大きな効果を発揮しております。

 

現代人は何かとストレスを溜め込むことが多く、知らず知らずの間に自律神経が乱れているというケースも少なくないので、ローヤルゼリーを飲んでアセチルコリンを取り入れた方が良いでしょう。

 

それに、ローヤルゼリーの中には良質な必須アミノ酸も同時に含まれており、女性ホルモンの分泌を促してくれるので、ホルモンバランスの変化によって引き起こされる不快な症状に効き目があります。

 

ローヤルゼリーを飲んで直ぐに変化が得られないとしても、少しずつ身体を健康な状態へと導いてくれる食品なので、欠かさずに摂取する価値は大いにあるというわけです。

 

そこで、このサイトで詳しくご紹介している「アサヒローヤルゼリーSAI48」の摂取をおすすめします。

 

どの健康食品よりも良質な成分が含まれておりますし、料金もお手頃で続けやすいことは間違いないので、「アサヒローヤルゼリーSAI48」を試してみてください。

 

 

>>> アサヒローヤルゼリーSAI48の詳細はこちら

 

 

さて、病院で検査をしても異常が見られないのにも関わらず、身体に不快な症状が引き起こされるという方は、自律神経失調症かもしれません。

 

この病気を患うことによって、立ちくらみやめまい、頭痛や冷や汗といった身体的な症状に加え、イライラ感や人間不信といった精神的な症状が引き起こされるようになります。

 

完全に原因が解明されているというわけではありませんが、ストレスが起因となって発症することが多く、自律神経の乱れが引き金となっているので、その調整をするアセチルコリンをローヤルゼリーから取り入れた方が良いというわけです。

 

実は、アセチルコリンが体内から減少すると、思考力が低下して認知症やアルツハイマーといった病気を患うリスクが上がるので、これらの病気の予防のためにもローヤルゼリーは適していると説明できます。

 

どのローヤルゼリー製品の中にもアセチルコリンは含まれておりますし、快適な生活を送るためには欠かせない存在なので、毎日の生活の中に取り入れるべきです。

 

 

 

 


「ローヤルゼリーの栄養素」に関するページ