ローヤルゼリーとエストロゲン

 

 

ローヤルゼリーとエストロゲンについて

更年期の女性は、加齢による影響で卵巣の機能が低下し、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少するため、個人差はあれどイライラ感や憂鬱感など様々な不快な症状が引き起こされます。

 

更年期障害は女性であれば誰でも発症する可能性があるのですが、ローヤルゼリーを摂取することによって、少しでもその不快な症状を和らげることができるのです。

 

それは、ローヤルゼリーの中の代表的な成分であるデセン酸が、エストロゲンと似た働きをしてくれるのが大きな要因となっており、ホルモンバランスを整えてくれます。

 

エストロゲンは女性の美しさを維持するために欠かせないホルモンで、肌の水分調整をしたり髪の毛にツヤを出したりと、美容と大きな関係性があると説明できるでしょう。

 

そのエストロゲンと似た働きをデセン酸が担ってくれるため、ローヤルゼリーは更年期の女性から親しまれているというわけです。

 

もちろん、女性ホルモンのエストロゲンと全く同じ作用をしてくれるというわけではありませんが、加齢による肌や髪の毛の変化を良い方向に導いてくれるのは事実なので、摂取する価値は大いにあります。

 

それに加え、自律神経に作用するアセチルコリンと呼ばれる成分も豊富で、うつ病や自律神経失調症など、精神の不調を和らげてくれるので、このサイトでご紹介している「アサヒローヤルゼリーSAI48」の使用がおすすめです。

 

エストロゲンの分泌量が減少するのは自然な現象で、食い止めることは非常に難しいため、引き起こされる症状を少しでも緩和するために「アサヒローヤルゼリーSAI48」を飲んでみてください。

 

 

>>> アサヒローヤルゼリーSAI48の詳細はこちら

 

 

さて、「ローヤルゼリー=若返りが期待できる」と考えられているのは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分が含まれていることが大きな要因となっております。

 

ホルモンバランスを整えてくれる栄養素は少ないですし、毎日の食生活では摂取しづらいので、ローヤルゼリーといった健康食品に頼るのが手軽な方法というわけです。

 

更年期に差し掛かった女性は、卵巣の機能低下によってエストロゲンの分泌量が減少し、その分泌を促すために脳などの性腺刺激ホルモンが盛んに分泌されるようになります。

 

一方ではホルモンの減少、もう一方ではホルモンの増加という現象が引き起こされるため、体内でのバランスが崩れて不快な症状が引き起こされやすくなるという仕組みです。

 

個人の体質によっては、以前と変わりないという方もいらっしゃるものの、うつ状態に陥るというケースも少なくないので、乱れた女性ホルモンを補うためにローヤルゼリーを摂取した方が良いでしょう。

 

 

 

 


「ローヤルゼリーの栄養素」に関するページ