ローヤルゼリーを摂りすぎると?

 

 

ローヤルゼリーを摂りすぎるとどうなるの?

ローヤルゼリーは基本的に一日の摂取量に規定はなく、医薬品ではなく天然の健康補助食品となっているため、摂りすぎても副作用のような症状が引き起こされることはありません。

 

個人の体質によって適したローヤルゼリーの摂取量は異なるので、自分に合った量をきちんと把握し長期的に続けていくことが大事なのです。

 

ローヤルゼリーは、女王蜂のみが主食としている特別食で、この中にはアミノ酸やビタミン、ミネラルなど身体に欠かせない栄養素が40種類以上も含まれております。

 

毎日の食生活でこれだけの栄養素を補うのは現実的ではありませんし、加工食品やインスタント食品が流行っている現代では、ローヤルゼリーは欠かせない健康食品なのです。

 

だからといって、ローヤルゼリーを摂りすぎることによって、良くない影響が身体に引き起こされる可能性があるので、十分に注意が必要となります。

 

全国ローヤルゼリー公正取引協議会が規定している0.5g〜3g程度の量であれば、摂りすぎというわけではありませんし、安全に体質改善を図っていくことができるはずです。

 

しかし、生ローヤルゼリーに換算して10gや20gなど大量に摂取していると、腸内環境が乱れて下痢が生じることがあります。

 

それに、女性ホルモンと似たような作用をするデセン酸が含まれており、女性の場合は過剰摂取によってホルモンバランスを整えるどころか、逆に分泌異常を引き起こすこともあるでしょう。

 

このように、健康商品でも過剰摂取による弊害はあるので、このサイトでご紹介している「アサヒローヤルゼリーSAI48」の場合も、メーカーが推奨している量をきちんと守るべきです。

 

正しい飲み方を心掛けていれば、「アサヒローヤルゼリーSAI48」を取り入れることによって、美容と健康を促すことができます。

 

 

>>> アサヒローヤルゼリーSAI48の詳細はこちら

 

 

さて、ローヤルゼリーといった健康食品の類のものは、摂りすぎに気を配るとともに、アレルギー反応にも注意が必要です。

 

天然の健康食品ですし医薬品ではないので、副作用の心配はないものの、強い喘息やアトピー性皮膚炎を抱えているという方は、アレルギー反応が生じることがあります。

 

引き起こされる症状には大きな違いが生じているのですが、蕁麻疹や湿疹といった皮膚症状や、呼吸困難や胃腸障害というように、日常生活に支障が出るレベルの症状も現れるのです。

 

アレルギー反応が出て身体に良い影響となることはまずあり得ないので、アレルギー体質の方はローヤルゼリーを摂取する前に、かかりつけの医師に相談した方が良いかもしれません。

 

そして、摂取の許可が出たとしても、摂りすぎによる何かしらの弊害はあるので、最初は少しずつ試していくようにしてください。

 

 

 

 


「ローヤルゼリーに関する疑問」のページ