ローヤルゼリーとの飲み合わせ

 

 

ローヤルゼリーとの飲み合わせについて

ローヤルゼリーを摂取して健康と美容を気遣おうと考えている方の中で、常飲薬との飲み合わせが気になるという方は多くいらっしゃるはずです。

 

確かに、「医薬品の効果が薄れてしまうのではないか?」「ローヤルゼリーを飲んだことで副作用が引き起こされるのではないか?」と飲み合わせに不安を抱えるのは不思議ではないと説明できます。

 

しかし、どのタイプの製品だとしてもローヤルゼリーは天然の食べ物なので、薬との飲み合わせについて神経質になる必要性は全くないのです。

 

例えば、風邪で免疫力が弱まって体調を崩している時は、ローヤルゼリーが栄養補給や滋養供給になるので、場合によっては積極的に飲んだ方が良いと言えるでしょう。

 

ローヤルゼリーの中に含まれている栄養素を摂取することによって、病気の改善や健康な身体作りを促してくれるため、どんな状況でも取り入れる価値は大いにあると言えます。

 

ただし、病気の治療で血液凝固剤と呼ばれているワルファリンカリウムを服用している方は、ローヤルゼリーの摂取を控えなければなりません。

 

この医薬品は血液を固まりにくくサラサラにして、血行を促すという作用を持ち合わせており、心筋梗塞や脳卒中といった病気の治療薬として使われております。

 

ローヤルゼリーの中には、血液循環を促す作用があり、副作用が引き起こされることがあるので、ワルファリンカリウムとの飲み合わせには注意しなければならないというわけです。

 

このサイトでご紹介している「アサヒローヤルゼリーSAI48」も一緒で、医薬品の種類によっては飲み合わせに注意しなければならないことがあります。

 

素人では正確な判断ができないはずなので、薬を常飲しているという方は、かかりつけの医師に「アサヒローヤルゼリーSAI48」を摂取しても問題ないかどうか確認してみてください。

 

 

>>> アサヒローヤルゼリーSAI48の詳細はこちら

 

 

さて、上記でご説明したように、ローヤルゼリーは健康食品なので安心して摂取できますが、医薬品との飲み合わせに関しては注意が必要です。

 

また、医薬品ではなく、ローヤルゼリーと一緒に摂取しない方が良いという飲み物も存在しており、紅茶やコーヒー、緑茶といったタンニンが含まれたものが該当します。

 

サプリメントや粉末のローヤルゼリーを摂取していく場合、他の飲み物と一緒に飲むのが普通なのですが、タンニンが含まれていると鉄分と結び付いて体内への吸収率が下がってしまうのです。

 

鉄分は私たち人間が生きていくために欠かせない栄養素の一つとなっており、貧血を予防するという大きな効果を持ち合わせております。

 

その吸収率が落ちてしまっては、ローヤルゼリーの効能を最大限に生かすことができなくなってしまうので、水や麦茶といった冷たい飲み物と一緒に摂取するようにしましょう。

 

 

 

 


「ローヤルゼリーの飲み方」に関するページ