ローヤルゼリーの賞味期限

 

 

ローヤルゼリーの賞味期限について

「ローヤルゼリーに賞味期限はあるの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

ローヤルゼリーは健康食品で食べ物の一種だと考えられるので、どの製品を購入したとしても賞味期限はあるので、その前に摂取し切らなければならないのです。

 

製品によって賞味期限には大きな違いがあるので、事前にパッケージなどを見てチェックしておかなければなりません。

 

ローヤルゼリーの中には豊富な栄養素が詰まっているものの、賞味期限が過ぎていると品質劣化によって、本来の効能を得られなくなる可能性があります。

 

そのため、なるべく早めに摂取しなければなりませんし、賞味期限が切れたものを体内に取り入れたことで、下痢といったトラブルが引き起こされることも十分にあり得るのです。

 

とは言え、普通に毎日のように摂取していれば、賞味期限が切れて飲めなくなるという心配はないでしょう。

 

サプリメント製品の場合、一般的に賞味期限は約2年間程度と長めに設定されておりますし、1ヶ月単位で購入するのが普通なので、賞味期限が切れることはほとんどないのです。

 

このサイトでご紹介している「アサヒローヤルゼリーSAI48」も、サプリメントタイプにしてもドリンクタイプにしても、賞味期限は長めに設定されているので、特に問題はないと説明できます。

 

それでも、時間が経過すればするほど、ドリンクの場合は特に鮮度が落ちていく可能性があるので、早めに「アサヒローヤルゼリーSAI48」を摂取するようにしてください。

 

 

>>> アサヒローヤルゼリーSAI48の詳細はこちら

 

 

さて、ローヤルゼリーとハチミツが同じようなものであると考えている方がいらっしゃいますが、両者には大きな違いが生じております。

 

含まれている栄養素が異なるというのはもちろんのこと、賞味期限の長さにも大きな違いが生じているのです。

 

ハチミツの中の約80%は糖分となっており、もし細菌が付着してしまったとしても浸透圧で死亡することが多いため、賞味期限は長めに設定されておりますし、3年間程度は品質が劣化しないと考えられております。

 

ローヤルゼリーも、殺菌作用を持ち合わせているデセン酸のお陰で細菌の繁殖には強いのですが、ハチミツと比べて水分量が多いので品質の変化が引き起こされやすいのです。

 

サプリメントやドリンクであればまだしも、添加物が加えられていない生ローヤルゼリーの賞味期限は短く、冷蔵庫でしっかりと保存していたとしても、数ヶ月が経てば徐々に品質は劣化していくでしょう。

 

品質が劣化すればするほど、含まれている栄養素は少しずつ破壊されていくので、生ローヤルゼリーの場合は賞味期限内に摂取すれば良いというわけではなく、なるべく早めに摂取しなければならないのです。

 

常温で保管していた場合は、鮮度が激しく落ちていくと予想されるので、冷蔵庫や冷凍庫でしっかりと保管しておかなければなりません。

 

 

 

 


「ローヤルゼリーの飲み方」に関するページ