ローヤルゼリーの種類

 

 

ローヤルゼリーの種類について

ローヤルゼリーの原材料は花粉や蜜で、働き蜂が体内で消化し、再構成した物質となっております。

 

現在ではサプリメントやドリンクなど、様々なローヤルゼリーの製品が登場しており、幾つもの種類が存在しているのです。

 

ローヤルゼリーは、採取後の加工方法によって、3種類に大きく分けられるので、どの製品が自分に適しているのかこのページで確認してみましょう。


生ローヤルゼリー

採取したそのままの状態で販売されているのが生ローヤルゼリーで、数ある種類の中でも最も栄養価が豊富となっております。

 

特に人工的に加工せず、ローヤルゼリーが持ち合わせている栄養価がそのまま維持されているため、美容と健康に高い効果を発揮するという特徴があるのです。

 

ローヤルゼリーに加熱処理などを加えていないため、最も自然な状態で摂取することができますし、毎日の食生活が乱れているという方は生ローヤルゼリーを摂取して、豊富な栄養素を取り入れるのが適しております。

 

しかし、飲みやすいように加工されていないので、独特の味と匂いがあり、摂取しづらいというデメリットがあるので注意しなければなりません。

 

しかも、保存方法を間違えると直ぐに製品が老朽化してしまい、本来の効能を得られなくなってしまいますし、製品によっては価格が非常に高く、毎日続けるのが大きな負担となる場合もあります。


乾燥ローヤルゼリー

乾燥ローヤルゼリーは、生のものの水分を飛ばし、粉末状にした種類の製品となっております。

 

生ローヤルゼリーとは大きく異なり、保存がしやすく、持ち運びもしやすいということで多くの方から人気を得ているのです。

 

熱を加えると、ローヤルゼリーが元々持ち合わせている栄養価が破壊されてしまうというデメリットがありますが、現在では真空状態にしてから水分を蒸発させるという方法も採用されるようになりました。

 

そのため、栄養分が全く入っていないということは絶対にありませんし、味や匂いがほとんどないので飲みにくいと感じることはないはずです。

 

いくら栄養分がたっぷりと入っていたとしても、短期間で大きな変化を得られるわけがなく、ある程度の期間は摂取し続けなければならないので、飲みやすい乾燥ローヤルゼリーはおすすめとなっております。


調整ローヤルゼリー

ローヤルゼリーと副原料から構成されている製品が調整ローヤルゼリーで、現在ではこの種類の製品が最も多く出回っているのではないでしょうか。

 

生ローヤルゼリーや乾燥ローヤルゼリーの中に、美容や健康に欠かせない成分が加えられており、更に飲みやすくなっているのが大きな特徴です。

 

ローヤルゼリー100%という製品ではありませんが、人体に危険な添加物が含有されているわけではなく、コエンザイムQ10やプラセンタ、コラーゲンといった美肌作りに欠かせない原料や栄養素を組み合わせております。

 

プラスアルファで私たち人間に欠かせない成分が配合されているため、個人の体質によっては生ローヤルゼリーよりも、調整ローヤルゼリーの方が効き目があるということも十分にあり得るのです。

 

比較的安価な値段で購入でき長期的に続けやすいというメリットがありますし、サプリメントタイプやドリンクタイプが多いので、持ち運びにも非常に適しております。

 

 

 

以上のように、ローヤルゼリーは大きく分けて3種類が存在しており、自分の体質に合いそうな製品を長期的に摂取していくことによって、大きな効果を得ることができます。

 

このサイトでご紹介している「アサヒローヤルゼリーSAI48」は、加工されている調整ローヤルゼリーですが、栄養価が非常に高いということで絶大な支持を得ているのです。

 

どの製品と比べても、ローヤルゼリーの中にしか含まれていないデセン酸の配合量が多いので、一度「アサヒローヤルゼリーSAI48」を試してみてください。

 

 

>>> アサヒローヤルゼリーSAI48の詳細はこちら

 

 

 

 

 

 


「ローヤルゼリーの種類」に関するページ