ローヤルゼリーとボツリヌス菌

 

 

ローヤルゼリーとボツリヌス菌について

ローヤルゼリーは天然由来の働き蜂が生成した物質で、薬ではなく健康補助食品のため、副作用の報告は基本的にありません。

 

しかし、ハチミツと同じようにローヤルゼリーの中にもボツリヌス菌が含まれている可能性があるので、アレルギー体質の方は摂取しない方が良いのです。

 

ボツリヌス菌とは土壌に広く分布している細菌のことで、食品の中で増殖して強い毒素を作り、致死率の高い細菌として恐れられております。

 

大人の場合、ボツリヌス菌が体内に入ったとしても抵抗力を持ち合わせているので、不快な症状が引き起こされるということはないはずです。

 

ただし、6歳未満の幼児の体内にボツリヌス菌が入り込むと、腸内環境や消化管が未熟であるために、大変大きな危険が及ぶことになります。

 

もし、ボツリヌス菌に感染すると、便秘や下痢といった腸内環境の乱れに加えて体力の低下が引き起こされ、最悪の場合は呼吸困難に陥るケースもあるのです。

 

基本的にボツリヌス菌はハチミツの中に含まれており、ローヤルゼリーの場合はそこまで危険性は高くないと言えるでしょう。

 

それでも、同じ働き蜂が作った生成物ということで、ボツリヌス菌が混じっている可能性は否定できないため、乳幼児のローヤルゼリーの摂取はできる限り控えなければならないというわけです。

 

成長すればある程度免疫力がついてきますし、健康や発育促進のために必要となるので、健康食品のローヤルゼリーを摂取していくことができます。

 

このサイトでご紹介している「アサヒローヤルゼリーSAI48」は、初回セットが9,050円と非常に安い価格が採用されておりますし、サプリメントやドリンクで続けやすいということは間違いないので、是非一度購入してみてください。

 

 

>>> アサヒローヤルゼリーSAI48の詳細はこちら

 

 

さて、サプリメントやドリンクとして販売されているローヤルゼリーであれば、ハチミツとは違ってボツリヌス菌が含まれている可能性は極めて低いです。

 

しかし、そのままの状態で採取している生ローヤルゼリーの場合は、もしかしたらボツリヌス菌が混じっているかもしれないので、アレルギー体質の方や乳幼児は避けるべきだと説明できます。

 

アレルゲンとなる物質が含まれているのにも関わらず、摂取していると目の痒みや鼻づまりなど、花粉症と似たような症状が現れることが多く、下痢で悩まされるというケースも少なくありません。

 

普段からアレルギー症状が出やすいという方は、自分の判断でローヤルゼリーを摂取できるかどうか考えるのではなく、医師に事前に相談するべきです。

 

仮にボツリヌス菌が含まれていないとしても、別の成分が引き金となって不快な症状が現れるかもしれないので、不安な方は医師の許可を得てから摂取するようにしましょう。

 

 

 

 


「その他」に関するページ