ローヤルゼリーとピル

 

 

ローヤルゼリーとピルについて

ピルを服用している女性の中で、ローヤルゼリーと併用して問題ないのかどうか気になっている方はいらっしゃいます。

 

ピルは経口避妊薬として有名ですが、実はホルモンバランスを安定させるという作用もあり、更年期障害の症状の緩和に繋がるのです。

 

イライラ感や不安感、身体の火照りや倦怠感といった症状は40代を過ぎた更年期の女性が引き起こしやすく、その多くはホルモンバランスの乱れによる自律神経の乱れだと考えられております。

 

卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が減少するため、バランスが崩れて上記のような不快な症状が引き起こされやすくなるという仕組みです。

 

そこでピルを服用することにより、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つがバランス良く配合されているため、身体に引き起こされる不快な症状が和らぎ、心身ともに健康な状態を維持しやすくなるでしょう。

 

同時にローヤルゼリーを摂取すれば、自律神経を整えるアセチルコリンと呼ばれる成分が含まれているので、より更年期障害で悩む女性に適しているというわけです。

 

ローヤルゼリーは健康食品なので、基本的に医薬品との飲み合わせは可能となっており、ピルと併用していくことは可能となっております。

 

更年期障害の症状が改善されれば、「生理周期が安定する」「月経の際の出血量が減る」「生理痛が和らぐ」という効能が得られるので、このサイトでご紹介している「アサヒローヤルゼリーSAI48」の使用がおすすめです。

 

豊富に含まれている栄養素によって、数多くの病気を予防するという効果も持ち合わせているので、どの年代の方も「アサヒローヤルゼリーSAI48」を一度試してみてください。

 

 

>>> アサヒローヤルゼリーSAI48の詳細はこちら

 

 

さて、ピルを服用すると吐き気やめまいといった副作用が生じるということで、使用を戸惑っているという女性の方はいらっしゃるはずです。

 

確かに医薬品の一種なので、副作用のリスクは生じるものの、それは中〜高用量ピルの話で、ホルモンバランスを整えるために医師から処方される低用量ピル(OC)であれば、副作用に悩まされるリスクは低くなっております。

 

安全性も高く依存性も特にないということで、更年期障害の症状を緩和させる手段の一つとして、低用量ピル(OC)の服用は非常に適しているのかもしれません。

 

同時に健康食品のローヤルゼリーを摂取する生活を続けていれば、含まれている栄養素によって身体を健康的な状態で保つことができます。

 

とは言え、ピルとローヤルゼリーを服用する場合は、危険ではないと分かっていても念のために医師に相談しておくべきです。

 

個人の体質によってはアレルギー反応が引き起こされることがあり、ローヤルゼリーの摂取によって不快な症状に悩まされることがあります。

 

素人では、事前にどのような症状が生じるのか判断することができないはずなので、ピルを処方してくれた医師に尋ねてみましょう。

 

 

 

 


「その他」に関するページ