ローヤルゼリーのレシピ

 

 

ローヤルゼリーのレシピについて

はちみつとは異なり、ローヤルゼリーの中には糖分が少なく、豊富な栄養分が凝縮されているということで、現代では高齢者の方だけではなく、ダイエットを考えている女性の方からも高い支持を得ております。

 

特に、一切添加物を加えていない生ローヤルゼリーの栄養価はとても高いのですが、飲みにくいという特徴があるので、美味しく摂取するレシピを取り入れるべきです。

 

「不味くて口にできない」というほどではないものの、酸味や苦味が強いというのは紛れもない事実で、そのまま生ローヤルゼリーを摂取するのは非常に難しいと言えます。

 

そこで、美味しく取り入れるレシピを活用すれば、ストレスを溜めることなく簡単に摂取できますし、他の健康食品と比べても健康効果や美容効果を大きく上げられるのではないでしょうか。

 

生ローヤルゼリーには、舌を刺すような刺激があるので、それを少しでも緩和させるために、牛乳やジュース、ヨーグルトといったものに混ぜて摂取するというレシピが適しております。

 

水に溶かしただけでは味を緩和できないかもしれませんが、味の濃い牛乳や糖分が含まれたジュースの中に混ぜることによって、酸味や苦味を和らげられるというわけです。

 

太りたくないという女性の方は、市販で販売されている無糖ヨーグルトの中に生ローヤルゼリーを混ぜて、食べていくというレシピが最も良いかもしれません。

 

とは言え、自分で工夫してレシピを考えたとしても、不味くて食べられないということは十分にあり得るので、そのような方には加工されている「アサヒローヤルゼリーSAI48」をおすすめします。

 

「アサヒローヤルゼリーSAI48」であればサプリメントやドリンクなので、自分でレシピを考える必要はなく、楽に摂取していくことができるので是非試してみてください。

 

 

>>> アサヒローヤルゼリーSAI48の詳細はこちら

 

 

さて、自分で工夫してローヤルゼリーを摂取しやすいレシピを考えるのは大事なことですが、一つ注意しなければならない点があります。

 

それは熱を加えてはいけないということで、加熱調理する料理に生ローヤルゼリーを加えたり、お湯に溶かしたりしてしまうと、この中に含まれている栄養素が破壊されてしまうのです。

 

特有成分であるデセン酸は破壊されないみたいですが、ビタミンやミネラルの中で熱に弱い性質を持ったものは幾つか存在するので、冷たい食べ物や飲み物を使ったレシピを考えた方が良いでしょう。

 

また、冷たいとしても、コーヒーやお茶といった飲み物の中にはタンニンが配合されており、ローヤルゼリーの中に含まれている鉄分の吸収率が悪くなってしまいます。

 

他にも、あまりにも糖分が多いものと一緒に摂取すると、疲労回復効果や神経機能を正常に保つ効果を持ったビタミンB1が作用しにくくなるので注意が必要です。

 

以上のように、ローヤルゼリーは意外と飲み合わせが難しい健康食品となっているので、サプリメントではなく生ローヤルゼリーを摂取していくという場合は事前にしっかりとレシピを考慮してください。

 

 

 

 


「その他」に関するページ